予防接種BCGとは?なぜはんこ注射をする必要があるのか?

BCGはんこ注射をした赤ちゃん

腕に9本の針穴×2がしっかりとスタンプされるはんこ注射ことBCG予防接種ですが、そもそもなぜ接種する必要があるのかご存知ですか?
接種の仕方もデリケートで、その後の経過も膿が出たり、副反応が出たりと何かと心配なBCGですがどういった病気を予防することができるのか、どうしてあんな痛々しい針山のスタンプをしなくてはいけないのか気になったので詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

BCGとは?

BCGとは実はフランス語「Bacille de Calmette et Guérin」の略でカルメットゲランと読みます。
ウシ型の結核菌を弱毒化してつくられた結核を予防するための生菌ワクチンで、スタンプのようなあの剣山のスタイルをしているのは日本だけというワクチンです。
はんこ注射ともいわれますが、正確には「管針法」(かんしんほう)といい、ワクチンを腕に塗り針で皮膚を傷つけることによって皮膚内にワクチンを押し込むスタイルの予防接種です。

結核は日本では現在患者がかなり減少しましたが、まだ毎年2万人以上の患者さんが発生している病気でもあります。
生まれて間もない赤ちゃんはお母さんから免疫をもらっているから病気に対する抵抗力を持っているとよく言われますが、この結核に対する免疫は持っていないので、もしも結核菌に感染してしまうともともとの抵抗力が弱いので重症化してしまう恐れがあり、最悪の場合全身性の結核症になったり、結核性髄膜炎になって重い後遺症が残ることもある恐ろしい病気なんです。

そのため感染の可能性がある限り、しっかりと予防接種で予防をしていくことが大切なんです。

また、BCGは決められた上腕外側の2か所以外に接種するとケロイドなどの副反応が出ることがあるため「将来傷が残ったらかわいそうだから」などと言った理由で他の位置に接種したりすることのできないワクチンでもあります。
もちろん「ハンコの痕が残るのがかわいそうだから」という理由で接種することを考えたいというパパママもいるかもしれませんが、接種しなかった時のリスク=結核に感染してしまった場合のリスク&赤ちゃんの健康状態のこと、体のこと、将来の成長のこと、などを考えたら「接種しない場合/接種した場合残るかもしれない見た目の傷跡」は天秤にかけるまでもなく接種することを決めることになるかと思います。

また、針の痕が大人になってもしっかりと残るかどうかは体質もあるので実際に接種してみないとわかりません。
全く目立たないくらいにきれいになるかもしれないので、そう思えば案ずるより接種するが易しといったところです。

BCGの接種時期は決まっているの?

基本的にはBCGは生後1歳に達するまでの、通常生後5か月から8か月になるまでに接種します。
ただ、その年の地域の結核の発生状況によって接種の時期が変わる場合もあります。

もしも何かの事情があり、この時期を逃した場合は4歳に達するまでに限定されますが接種を受けることが可能です。

BCG接種後のへ変化

125954

まれにコッホ現象といって、知らず知らずのうちに結核に感染していた場合のケースを除き通常はこのような変化が接種後に起こります。

接種してからの日数 赤ちゃんの皮膚の状態
数日後 針の痕が少し赤いのみ
10日過ぎ 個々の針痕部位が赤くなり、もりあがる
4週~6週 もりあがった部分が固くなり、化膿する
3か月~5か月 赤みがひき、かさぶたになり、乾燥する

※コッホ現象についてはこちら

ちなみに我が家は2歳になった時点では完全にきれいになり、注射跡もなくなりました!
ケアで心がけたことなどは別記事にまとめています。

BCGはその他の予防接種と違い、かなり長いスパンで経過を気にしてあげる必要があるのと、化膿してジュクジュクしたり赤く腫れたりするので心配になることも多いのが特徴ですよね。
ただ、化膿したり赤くなるのは正しい反応で、しっかりと免疫がついたという目安にもなるので赤ちゃんのかわいい腕の経過が気になると思いますが、あまり気にやまずいい反応だと思って見守ってあげたいですね!

次の予防接種はいつ?スケジュールの組み方

BCGを接種したあとは、次の予防接種の間隔は「27日以上」あけることが必要です。
つまり28日目(4週後の同じ曜日)以降から次の接種が可能となります。

スケジュール管理は種類が多い上のなかなか大変ですが、大切なことなのでしっかりとスケジュールを組んで予防接種をすすめてあげてくださいね(*´ω`)

※スケジュール管理について、我が家の2歳前までの予防接種スケジュールを公開しました。
予定建ての参考に是非使ってください!

おすすめ関連記事

我が家も接種しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ