赤ちゃんと行く温泉宿・旅館プラン厳選特集!

onsen_yukata

赤ちゃんが生まれ、新しい家族で温泉旅行をと考えている方におすすめの赤ちゃんプランのある温泉宿や旅館を厳選してご紹介します!
また赤ちゃんプラン以外でも実際に利用してみて赤ちゃん連れでも利用できる、利用してよかった温泉もご紹介しています(^_^)/
また、旅行に行く際にやっていってよかった下準備も最後にのせています。
是非家族旅行の参考にご覧ください!
随時更新していきます♪

スポンサーリンク

関東地方おすすめ宿&プラン

もうしばらくお待ちください(^_^)/

東海地方おすすめ宿&プラン

南知多温泉郷 源氏香


こちらの「南知多温泉郷 源氏香」は女性にとても人気がある宿として愛知県では有名な旅館の1つです。
その源氏香の赤ちゃんプランは赤ちゃん0円★ ≪パパ&ママ応援!!≫ 初めての家族旅行でも安心♪【 サポート10大特典 】というものです。

このプランの特徴は

  • 赤ちゃんの施設利用料が無料
  • クーハン、バスチェア、ベビーソープを用意
  • 加湿器を用意
  • おむつ5枚&おしりふき&おむつ用バケツをサービス
  • 哺乳瓶洗浄液をサービス
  • 夕食&朝食時におかゆをサービス
  • 到着後すぐにお部屋にベビー布団を用意
  • 赤ちゃん用に大人用タオルセットをもう1つ用意
  • アーリーチェックイン14:00&レイトチェックアウト11:00が無料
  • お部屋でゆっくり夕食はお部屋食
  • 貸切風呂&露天風呂付き客室有

となっています!

バスチェアやクーハンが貸してもらえるので、ママが1人で大浴場に連れて行かないといけない場合にとても助かりますよね。
もちろん家族でゆっくり入りたい!という場合には貸切風呂を利用したり、お部屋に露天風呂がついているタイプを選べば周りの目を気にせずゆっくり入ることも可能です。
また、特に離乳食が始まっている赤ちゃんにおすすめなのが「おかゆ」が付いているという点です!
離乳食もすべて持っていかないといけないとなると荷物が大変ですが、赤ちゃんも出来立てのおいしいおかゆを一緒に食べることが出来るんです。
これは嬉しいですね!

多くの赤ちゃんプランがお布団や食事は別料金の宿が多い中、源氏香はベビー布団も無料で貸してもらうことが出来ます。
それもお部屋につくとすでに敷いてくれてあるので、お昼寝がしたい赤ちゃんもすぐにねんねすることが出来るんです。

実際に利用してみた口コミレビュー!

実際に筆者も8か月の子供を連れて利用してみました!
どうだったかというと、お部屋食だったのがとてもよく大人が食べ始める前に子供が寝てしまったんですが、ベビー布団に寝せて隣の部屋に寝せることが出来たのでゆっくり食事をとることが出来ました。

2517390
(写真)お部屋につくとすでに敷いてあるベビー布団で赤ちゃんものんびり

またバスチェアはアップリカのものが置いてあり、とても使いやすくお風呂ではかなり助かりました!
プランについてくるおかゆも熱すぎず冷たすぎずちょうどいい温度でつくってくださり、量も子供が食べきれないくらいたっぷり!
おいしそうにパクパク食べていました♪

2517385
(写真)プランについてくるおかゆは量もたっぷり!

朝食も個室レストランで畳のお部屋なのでハイハイする子でも安心です。

また、露天風呂付きの客室にしましたがアメニティがすごく充実していてフェイスパックやむくみとりシート、くるくるドライヤーやネイルセットまであったのでとてもリラックスすることが出来、リーズナブルな価格ながらリッチな気分を味わうことが出来ました♪

さらに源氏香はDVDの無料貸し出しを行っていて好きな映画が借り放題なのでお部屋でゆっくり映画鑑賞して夜を過ごしました。
ディズニーやジブリといったアニメもあったので小さなお子さんが一緒でも楽しめると思います♪

旅館の前も海でオーシャンビューなのでとてもきれいでよかったです(*^^)v

プランの価格&宿情報

源氏香の施設情報
じゃらん 南知多温泉郷 源氏香
楽天トラベル 南知多温泉郷 源氏香
赤ちゃん0円★ ≪パパ&ママ応援!!≫ 初めての家族旅行でも安心♪【 サポート10大特典 】

近畿地方おすすめ宿&プラン

おごと温泉 琵琶湖緑水亭


近畿地方でおすすめなのが「おごと温泉 びわこ緑水亭」です。
こちらの旅館の赤ちゃんプランは
【お部屋食】パパ・ ママ安心!赤ちゃん大満足プランwelcomeベビープラン うれしい特典付き!というプランです。

スポンサーリンク

内容は・・・

  • おむつ5枚・おしりふき・おむつ用バケツサービス
  • ミューブタイプのミルクサービス
  • 有料で離乳食(市販)・アレルギーにも対応可能
  • 授乳クッション・ベビーソープ・バンボ・調乳ポット、哺乳瓶消毒ケース、補助便座・ベビー爪切りの貸し出し
  • ガーゼ3枚&ベビー綿棒
  • レストランで希望があればベビーベッド&紙エプロンの貸し出し
  • &さらにパパママの夕食に近江牛のしゃぶしゃぶかステーキが付いてくる♪

という充実の内容となっています。

実際に利用してみた口コミレビュー!

2517380
(写真)露天風呂付き客室萬葉は広さも十分

実際に筆者は子供が生後6か月の時にびわこ緑水亭さんを利用しました。
感想は・・・
まず、仲居さんのサービスがこれまでに行った旅館の中でもトップクラスでした!
きめ細かい心づかいで、小さい子供がいること、授乳中であることなど様々な角度から配慮をしてくださり最高の旅になりました。
夜には食事で出たたけのこご飯を「授乳中でおなかがすくでしょうから・・」とおにぎりにして持ってきてくださったり、
部屋食の食事の配膳も子供の寝かしつけの時間とかぶってしまいましたが配慮してくれたり、
子供を起こさないようにとかなり気遣ってくださったりといたせりつくせりでした。
さらに食事のちょっとした飲み物を、こちらから何も言わなくてもジンジャーエールに変えてくれていたりといったこともありました。

2517388
(写真)夜食で出してくれたおにぎり

2517376

2517377
(写真)プランについてくるベビーセットと貸出可能なバンボ

琵琶湖方面での旅行を考えていて、きめ細かい心のこもったサービスを受けたい方には本当におすすめの宿です!

プランの価格&宿情報

一休 おごと温泉 びわこ緑水亭
楽天トラベル おごと温泉 びわこ緑水亭
じゃらん おごと温泉 びわこ緑水亭

【お部屋食】パパ・ ママ安心!赤ちゃん大満足プランwelcomeベビープラン うれしい特典付き!

必見!やっててよかった事前準備

温泉旅行に行く前に確認しておきたい「やっててよかった事前準備」をご紹介します!
赤ちゃんとの旅行には事前準備を大人だけの旅行よりも入念に行うことが楽しい旅行の秘訣です。
是非しっかりと確認して楽しい旅行にしてくださいね(*^^)v

宿近くの小児科をチェック

赤ちゃんは大人とは違い疲れやすかったり、環境が変わると突然発熱をすることもあります。
ママも普段とは違う地域に行くとすぐにその地域で見てもらえる小児科がある病院がわからなかったりしますよね。
急なアクシデントで焦ることのないように、事前に宿泊する宿の近くの小児科を調べておくと何かあった時にも安心です!

また、もし夜間など一般の病院がやっていない時間に赤ちゃんの具合が悪くなってしまった時には「小児救急電話相談」が便利です。
#8000 番で病院がやっていない時間帯でも看護師の方や専門の相談員の方が適切な対処法を教えてくれます。
あらかじめ携帯電話の電話帳に登録しておくと安心ですね!

行動は早めに!1時間前が原則

赤ちゃんがいるとそれだけでほぼ100%と言っていいほど計画通りには物事が進んでいかないと思っていたほうが賢明です。
準備をしてさぁ出かけよう!というときに吐いてしまったりおもらししてしまって着替えさせないといけなくなったり、
機嫌よく遊んでいたかと思いきや急に機嫌が悪くなって抱っこしていないと泣いてしまうので他のことが出来なくなってしまったり・・・
ぎりぎりの時間で行動していると、赤ちゃんの具合やご機嫌によって電車の時間に間に合わなくなったり旅館の予約の時間に遅れてしまったりすることにつながりかねません!
せっかくの旅行を満足のいく楽しいものにするためにも、ママパパは少し大変ですが早め早めの行動を心がけておくと予定通りに旅行を楽しむことが出来ると思います♪
1時間なんて本当にあっという間に来るので、1時間前行動を原則として動くといいと思います(^_^)/

旅行の計画は渋滞を避けてたてること!

特に車での旅行を考えている場合には、渋滞を避けて行動することは大切です。
赤ちゃんもずっとチャイルドシートに縛り付けられていては窮屈ですし、機嫌も悪くなるばかり。
ずっと寝ていてくれれば楽ですが、そうもいきませんもんね(^_^;)
時々休憩をはさみ、リフレッシュさせてあげることも大切なので渋滞にはまってしまいサービスエリアやパーキングエリアに寄れない!ということがないようにしたいですね。
高速道路だと急に停まって授乳をするという事も難しいので、時間に余裕をもって計画を立てることをお勧めします。

予約時に伝えておきたい「月齢」

宿を予約する際に月齢を伝えておくと、その子に合わせたベビー用品を貸し出してもらえたり、夜泣きがあることを伝えておくと離れのお部屋を用意してもらえたりと、宿によっては最大限のおもてなしをしてくれるところもあります。
離乳食が始まっている場合は月齢に合わせた離乳食を作ってもらえるところもあるので、伝えておくと思わぬ嬉しいサービスを受けることが出来るかもしれません♪

バッグは2つ持ち!使い分けを駆使する

特に電車やバスで移動する場合は

  • 大きいバッグ → いますぐには使わないもの
  • 小さいバッグ(ショルダーなど) 最低限の紙おむつ、ミルク、おやつ、お口ふきなど

というように大小のバッグを駆使して使い分けると動きやすくなります。
旅行の際にはただでさえいつもよりも大荷物になるので、手持ちの分は少な目に!が鉄則です。

是非事前準備もしっかりと行って楽しい旅行にしてくださいね♪

赤ちゃんとの温泉旅行にあると便利な持ち物チェックリスト!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サブコンテンツ

このページの先頭へ