強風の日赤ちゃんとベビーカーでお出かけするには?事故を防ぐ3つの心得!

baby_car_mother

風が強い日でもどうしてもベビーカーに赤ちゃんを乗せてお出かけしなくてはいけない時ってありますよね。
ただ風が強いとベビーカーが風であおられて転倒してしまいそうになったりと危険がいっぱいです。
今回は強風の日にベビーカーでお出かけする際に知っておきたい3つの心得をご紹介します!
是非お出かけの前に読んでくださいね(^_^)/

スポンサーリンク

指を切断する恐れも!指はさみに注意!

実は強風や突風による4歳以下の子供の事故で最も多いのが、ベビーカーや自転車が風にあおられて転倒した際に怪我をするというものなんです!
これは「子ども安全メールfrom消費者庁」が発表しているもので、特に強風が多い2月4月に多く発生している事故なんだそうです。
怖いですよね。

※「子ども安全メールfrom消費者庁」とは子供の思わぬ事故を未然に防ぐための情報を消費者庁が毎週木曜日に無料で配信してくれるというサービスです。
子ども安全メールfrom消費者庁

なんと指を挟んで切断してしまうケースもあるんだとか(;O;)
我が子がもしもそんなことになってしまったら・・・と想像するだけで泣けてくるような事故ですよね。

つまり強風の日にベビーカーでお出かけするのであれば、最悪このような事故も起こりうるということを十分頭においてお出かけする必要があるという事なんです!
少し意識しているだけでも全然違ってくると思うので、お出かけするのであれば危機感を持っておでかけしたいですね。

ほんのわずかな時間でも「絶対に」目・手を離さない

実際に筆者もやむを得ぬ事情で子供をベビーカーに乗せて強風の中出かけたことがありますが、それはそれは怖い体験をしました。
ものすごい強さの風が吹くと、正直ベビーカーなんてあっという間に「ガッ!!」と持っていかれてしまいます。
また月齢の低い子であればまだ体重もそれほど重くないと思うので、赤ちゃんの重みでベビーカーが安定するかな?と思っていても易々と風に持っていかれてしまうんです!!

私も何度も立ち止まりながら、強い風が来たときは歩くのをあきらめ、必死でベビーカーが転倒しないようにぎゅーーーっと持っていました。
ほんの少しでも手を離したり、力を緩めようものならあっという間に赤ちゃんごと持っていかれてしまったと思います。

それ以来私は風が強い日でどうしてもお出かけしなくてはいけないときは極力抱っこひもでお出かけするようになりました。
抱っこひもであれば自分さえしっかりと立っていれば大丈夫ですし、何かあっても赤ちゃんを自分の腕や手で守ってあげることが出来るからです。

抱っこひも選びの新基準!安心のSGマーク付き商品一覧 

それでもどうしても抱っこひもでは無理!!という場合は

  • ケチらずにタクシーを使う
  • 絶対に気を緩めない・手を離さないことを肝に銘じベビーカーでがんばって行く

しかないと思います。

タクシーで行ける場所であれば、大事なわが子の命には代えられないのでいっそのことタクシーで行ってしまった方が無難です。
もちろん自宅に車がある場合は迷わず車でGO!です。

タクシーで行くまでもない距離だし・・・という場合は「絶対に絶対に」気を緩めたり手を離したりしないことを肝に銘じ強風の中強行突破するしかありません!
間違ってもスマホをいじりながらや、よそ見をしながらベビーカーを押していくのはおすすめしません。
強風の時でなくてもそうですが、ベビーカーを引いているときはわが子の命を自分の手が預かっているようなものですもんね。

さらに歩きやすい(踏みしめやすい)靴で行くのがベターだと思います!
強風の中ヒールの靴などで行くとママ自身があおられて転倒してしまうこともありますし、もしもの時にぐっと踏みしめることが出来ません。
どうしてもベビーカーで行かなくてはいけない時はスニーカーなど歩きやすくて踏みしめやすい靴を履いて行ってくださいね♪

あると便利!雨の日も使えるレインカバーを活用

もう1つ、強風の日にベビーカーでお出かけするのであれば持っていると便利なのがベビーカー用の「レインカバー」です。
さっとかけるだけで風で何か物が飛ばされてきたとしても赤ちゃんを守ることが出来ますし、強風の時に怖い「花粉」からも守ってあげることが出来ます。
花粉症になる子供は年々増えているそうなので、カバーをかけてあげることで少しでも花粉を吸いこむのを防いであげることが出来るのであれば活用しない手はありませんよね!

またレインカバーは風の強い日だけでなく、もちろん雨の日にも使えますし、日よけや虫よけとしても使うことが出来るので1つベビーカーに常に乗せておくと急な時にとても便利です。
広げるとベビーカーを覆えるくらい大きくなりますが、小さく畳むことが出来るので我が家でも常にベビーカーの下の網の部分に乗せています♪
最近では種類も豊富で、デザインもかわいいものが多いのでまだ持っていない方にはとてもおすすめです♪

A型ベビーカー用レインカバー エアスキップ(aireskip)
ベビーカーカバー(レインカバー)UVカット、視力保護、雨、風、花粉、PM2から子供を守る
キャラクターレインカバー ディズニー&サンリオデザイン

まとめ

  • 風が強い日のベビーカーでのお出かけは危機感を強く持って
  • 靴は歩きやすいものを
  • ベビーカー用のレインカバーを活用する

とはいえ、やはり1番いいのは極力強風の日はお出かけを控えることだと思います。
家の中にいれば安全ですもんね(*^_^*)
どうしてもやむを得ない用事ではない限り、家の中でおとなしくしていたほうが無難です。
もしも買い物に行かなくてはいけない!という場合には今はネットスーパーなどもありますし、上手に活用しながら育児を乗り切っていきたいですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ