すくすく子育て兄弟育児の悩み解決法!兄弟げんか対処法&おすすめの絵本も!

兄妹の育児の悩み
11月26日のNHKすくすく子育てでは「兄弟の子育て」が特集されました!
仲いい兄弟に育てるためのポイントや、上の子への対応の仕方、兄弟げんかの仲裁の仕方、兄弟育児をしているママにおすすめの絵本など番組の内容をまとめてみました。
お子さんが兄弟でいらっしゃるママや、これから2人目、3人目を考えているというママにおすすめの内容です。

スポンサーリンク

仲のいい兄弟に育てるコツは?

兄妹を仲良く育てたい!と思わない親はいないのではないでしょうか?
ですが毎日一緒に過ごしていたらケンカもしますし、家族だからこそ確執も起きたりします。
将来大きくなっても仲良い兄弟でいてくれたらうれしいですよね。

仲良し兄妹に育てるコツは

「一緒に楽しんだという経験をたくさん作ってあげること」

また
「それぞれの個性を大切にして家族の中で役割を見つけられるように促してあげること」

が大切なんだそうです。
では具体的にどのようにしてあげたら仲がいい兄弟になってくれるのか、番組で紹介された解決法を1つずつ見ていきたいと思います!

兄弟げんか対処法

兄弟げんかは仲裁したほうがいいのか?というママの悩み相談がありました。

ケンカはどうしても絶対に起こってしまうものです。
小さいうちは言葉が不十分なためにケンカが発生してしまいます。
兄妹ゲンカを通して気持ちの整理の仕方を学んでいるので、無理にケンカを止めようとするとかえってしこりが残る場合があるそうです。
これは兄妹だけではなく、お友達同士の場合でも同じことが言えそうですね。

ケンカをした時にはルールを決めて、ダメなことはダメと伝えることが大切ということでした。
仲裁は「どちらが悪い」と成敗するのではなく、親が間に入り、お互いの言い分をわかりやすく伝えてあげることが有効です。

例えば
「おねえちゃんはこう言っているよ。でも妹はこうしたいんだって。でもやっぱり嫌なんだって」
というように言葉の伝達を繰り返すことで次第に子供も冷静になれることがあります。

言葉がまだ足りない子供たちに代わって、ママが気持ちをわかってあげて代弁してあげることが大切なんですね。

上の子を優先したほうがいいって本当?

上の子を優先したほうがいいという考えを耳にしたことがあるママも多いのではないでしょうか。
ですが上の子を優先するばかり、下の子がいつも後回しになってしまうという状況があると不安に思ってしまいますよね。

専門家の先生によると、「上の子を優先に」と言ってもそれはあくまでも極端な言い方で、下の子が0~2歳の場合は基本的要求を満たしてあげることが大切ということでした。

下の子がなんらかのシグナルを出している時はきちんと見てあげることが大切なんだそうです。
わかっていても上の子がぎゃん泣きしていたりすると難しいですよね・・。

おすすめの上の子への対応としては「ちょっと待ってね」や「ごめんね」をきちんと伝えること。
繰り返すことで上の子も徐々にわかっていき、我慢できるようになるということでした。

自分でフラストレーションを解消できる術を身に着けていく1つのステップでもあるので、適度なフラストレーションは心のたくましさを育てるということでした。

上の子が我慢しすぎているのではないかと不安

ですが下の子が生まれてから上の子が我慢しすぎているのではないか、と不安に感じているママの声もありました。
下の子が生まれてから自分の物を優先して差し出してあげたり、優しい心で譲ってあげたりするお子さんも中にはいますよね。

上の子として自覚が芽生えたと前向きにとらえてあげればいいということでした。
「1人でいられる力」が身についている成長の証として肯定的に捉えてあげるといいそうです。

心配すべき点は、我慢していることではなく、そのストレスを上の子が発散できているかという点が重要です。
自分が大事にされている、という感覚を自覚してもらえるように、上の子に多くの選択の機会を与えてあげることも大切です。

ストレスが半端ない!上の子に当たってしまう悩み

育児のストレスをついつい上の子に向けてしまう、というママもいるのではないでしょうか。

まず大前提として小さな兄弟を育てることはとても大変なので、イライラして当たり前です。

上の子への期待がイライラの原因になってしまっているケースがあります。
お兄ちゃん、お姉ちゃんだけどまた小さい子供、「出来なくて当たり前」と考えてあげるとママの気持ちも少しは楽になるかもしれませんね。

ママも家族に協力してもらったり、一時保育などを活用して時間があるときにスポーツや趣味などストレス発散の機会を持てるといいですね。

ストレス発散法はこちらにもまとめています。

兄弟をテーマにしたおすすめの絵本

兄妹の育児に悩んだ時におすすめの絵本も今回紹介されました。
子供はもちろん、ママにもおすすめの絵本です。

我が家の兄妹構成と重なる絵本を選ぶのがおすすめです。
絵本の主人公について話をすることで子供の気持ちを知ることが出来ます。

リサのいもうと

リサとガスパールのリサの絵本で、下の子が生まれることへの期待だけではなく不安も描かれた絵本です。

たまごにいちゃん

甘えん坊の主人公、たまごにいちゃんの成長を描いた絵本です。

スポンサーリンク

わがままいもうと

妹のわがままに振り回されるお兄ちゃんのお話です。

ティッチ

下の子の気持ちが描かれた絵本です。

ちょっとだけ

兄妹が生まれた小さなお姉ちゃんのけなげな姿が描かれたお話です。

まとめ

子供は1人育てるだけでも本当に大変なのに、兄弟の育児は素晴らしい面もたくさんありますがママは本当に大変だと思います。
上の子の気持ち、下の子の気持ち、両方を完璧にくみ取ってあげることは無理かもしれませんが、兄弟が仲良くお互いに好きでいられるようにするためにはやはり親の配慮が欠かせないのではないかと思います。

子育てに正解はないですし、それぞれの家庭すべてで違ってくる問題なので難しいですが少しでも家族みんなが楽しい毎日を過ごせるようにできたらいいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サブコンテンツ

このページの先頭へ