RSウイルスの予防と症状について!保育園への登園の見極め方は?

C854_akacyan500-thumb-750x500-2507

毎年12月から1月にかけてピークをむかえ子供、特に乳幼児が感染すると重症化しやすい「RSウイルス」。
大人がかかると風邪によく似た症状のため、気付かず赤ちゃんに感染してしまうこともある病気です。
もしもかわいいわが子が病気になってしまったら、ママは気が気じゃありませんよね。
心配で、本当に夜も眠れないことと思います。
ただでさえ抵抗力の弱い赤ちゃんがかかってしまったら大変なことになりかねないRSウイルスですが、かかってしまった場合に保育園に通っている場合はそのまま通わせてもいいのか、どれくらいの症状なら登園しても大丈夫なのか気になるママも多いのではないでしょうか?
RSウイルスの流行に備え、知っておきたいことを調べてみました!

スポンサーリンク

RSウイルスって何?

感染症の原因である多くのウイルスの中でも、特に乳幼児が感染しやすいとされているウイルスのことでほとんどの子供が2歳までに1度は感染すると言われています。
実はそれほど赤ちゃんの病気としてはポピュラーな病気なんですね。
誰もが一度は通る道と言っても過言ではありません。
流行のピークは12月~1月ですが、10月から4月の間くらいまで感染は多く起こるため年間を通して注意が必要な病気です。

症状は?

大人が感染した場合はほとんど風邪と同じ症状がでます。
軽い風邪のような症状なので気にしないうちに治ってしまう人がほとんどです。
赤ちゃんが感染した場合でも、38~39度の熱がでる、鼻水が出る、咳が出る、といった風邪と同じような症状で1週間から2週間ほどで治ります。

しかし、注意しなくてはいけないのが「重症化」した場合です!!
赤ちゃんがRSウイルスにかかり重症化してしまった場合「細気管支炎」や「肺炎」を起こしてしまうことがあります。
赤ちゃんが初めてRSウイルスに感染した場合の約25~40%の赤ちゃんがこの細気管支炎や肺炎を起こすことがあるそうで、それにより呼吸がうまくできなくなり入院となるケースが多くあります。
また呼吸がうまくできないと母乳やミルクも上手に飲むことが出来なくなってしまうため、栄養がうまくとれず赤ちゃんにとってはかなり危険な状態といえます。
特に早産児の赤ちゃんや、生まれつき呼吸器系に病気のある赤ちゃんは要注意です!

症状の出方

潜伏期間4~5日

鼻水、せき(吐くことも)、のどの痛みやはれ、発熱

呼吸が浅くなり、呼吸数が増える
呼吸がゼイゼイする
鼻で息をするようになる
母乳やミルクが飲めなくなる
こうなったらかなり要注意の状態です!

予防の仕方は?

残念ながらRSウイルスには予防接種はありません。
1番効果のある予防方法は「手洗い・うがい」です!
もし親子でも風邪を引いた人がいる場合は赤ちゃんとの接触を避けます。
また、避けた方がいい環境は

  • 受動喫煙の環境
  • 人の出入りが多い場所(人ごみ)
  • 保育所
  • 兄弟が保育園や幼稚園に通っている場合は接触を避ける

です。
いかに赤ちゃんに感染させないようにするかがポイントとなってくるわけですね!

病院での検査はどうやってやるの?

気になる検査方法ですが検査はとても簡単で、鼻から綿棒を入れてこすりその綿棒を試薬を使って検査します。
インフルエンザの検査と同じような感じです。
結果は30分ほどででるためその日のうちにすぐわかります。

感染した場合、保育園へは登園してもいいの?

子供を保育園に預けて働きに行くママにとってかなり気がかりなのが、もしわが子がRSウイルスに感染した場合保育園に登園させてもいいの?ということ。すごく気になりますよね。
実はインフルエンザやはしかとは違い、RSウイルスには登校や登園に対する出席停止の指定などの法的な決まりはないんです。
つまり保育園に登園していいかどうかの判断は、家族の判断と、保育園ごとのルールや小児科の先生の意見を参考にするしかありません。

一般的にはRSウイルスは症状が出て発症するまでに2~8日間あり、その後も体からウイルスが完全に出ていくまでには1週間から数週間がかかります。
そのため治ったと思っていても、気付かないうちに他の子どもに移してしまう可能性もあるんです。
でも、1週間から数週間もの長い間、仕事を休んで子供の側にいることは仕事をしているママにとってはかなり難しい問題です。

もちろんお休みがとれるのならば一番いいですが、無理場合は「病児保育」や「病後児保育」行政や自治体のサポートを探してみるのも大切です。
もし他にみてくれるご家族が近くに住んでいる場合は頼ることも1つの手かと思います。
わが子をRSウイルスの感染から守ることもとても大切ですが、かかってしまった場合は他の子にうつさないようにすることも大切ですよね。

ちょっとした心がけで防ぐことも出来る病気なので、家族で感染の予防を心かげたいものですね!

予防におすすめなアイテム

赤ちゃんや小さい子供におすすめの予防アイテムを集めてみました!
↓予防におすすめなのはこちら!

↓マスクの出来ない赤ちゃんや子供に!

症状などで悩む場合は病院を早めに受診することをお勧めします(^_^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ