端午の節句の陣羽織の手作りに!無料型紙&作り方

2480086

端午の節句の初節句には陣羽織を着せてお祝いする方も多いと思います(*^_^*)
五月人形を購入するとプレゼントとしてセットでついてくる場合もありますが、手作りしたいな~と考えてらっしゃる方もいますよね。
今回は簡単に出来る赤ちゃん用の陣羽織の型紙と、作り方を無料で公開させていただきます!
手作りの陣羽織は記念にも残りますし、きっとお子さんも嬉しいはず♪
是非ダウンロードして使ってください♪

スポンサーリンク

完成形

まずは完成形をご覧ください(^_^)/
今回はこの陣羽織をもとに型紙を作成しました。

2480086

2480088

着丈は約40㎝くらいです。
五月人形を購入した際にもらった陣羽織で、初節句に赤ちゃんに着せることの出来るサイズになっています。
ただ月齢によってはこのサイズだと大きすぎるかもしれないので、その場合はこの後にご紹介しています型紙を印刷する際に何パーセントか縮小して調節して使ってください。
逆にこの型紙だと小さい場合は拡大して使えばOKです♪
※でもキッズサイズでもこの大きさで大丈夫だとは思います(*^^)v

無料型紙

では無料型紙を実際にご紹介していきます!

★説明図
パターンすべて

★ダウンロードするとこんな感じになっています。
※これはサイズが違うので、ダウンロードは最後にのせていますPDFデータを使ってください♪

今回必要な型紙はこの3つです。
上の図はこんな型紙になるよ~っていう説明用の図なので、衿や脇身頃のパターンのサイズを身頃のパターンに対して少し拡大していますので、このままは使わないでくださいね(*^^)v

必要なもの

まず必要なものがこちらです。

・表地用の布・・・90㎝×90㎝あれば作れます。(幅90㎝~の布)
・裏地用の布・・・サイズは表地と同じくらい
・パイピングテープ(もしくはパイピング用の布)
※必要であれば接着芯(衿用)

裏地をつけるのは大変だしめんどくさい!という方は表地だけでもつくることができます。
その場合は表地の布があまりペラペラだと見栄えが悪いのでしっかりした生地を使ってください♪
裏地をつける場合でもある程度張りがある生地の方がぱりっとするのでおすすめです。

また、陣羽織は五月人形と一緒に飾っておくケースもあると思うので、裏地の色や柄にこだわって選んでも素敵なものが出来ると思います♪

ご利用の際の注意点

型紙のデータはPDFとなっています。
PCなどに保存して、A4サイズの紙に印刷して使ってください。
データ自体がA4サイズでつくってあるので、そのまま印刷して貼り合わせれば型紙が完成します♪

身頃の型紙・・・4枚
衿&脇身頃の型紙・・・1枚
となっています。

身頃の型紙は4枚に分かれています。
上の説明用の完成型紙を見ながら、合印を合わせて貼り合わせて使ってください。
ダウンロード用の型紙には、上の説明図の合印以外に張り合わせ用の合印が入っています。
(合印というのは型紙の線に対して垂直に入っている短い線のことです)
(説明図の合印は縫うときに必要となる合印です)
合印で張り合わせて使うことを前提としていますので、それぞれの型紙は少しかぶるように分けてあります。

今回の型紙には縫い代はつけていません。
説明図で1.5㎝と指定してある処以外は1㎝で縫い代をつけてください。

半円の2重丸は「わ」で取るという意味で書いてあります。
布を半分に折って、型紙をおき「わ」でとって裁断してください。

この型紙は簡単に作ることを前提としていますので前身頃と後ろ身頃をくっつけた状態の型紙となっています。
柄や地の目を気にされる方で、前身と後ろ身を別々に裁断したい!という場合は肩の部分で切り離して使っていただければ大丈夫です。
(縫い代をつけることを忘れずに!)

紐を通す部分の型紙は作っていません。
お好きな幅と長さで余った布を使って作ってください。

★大変申し訳ありませんが、前身頃の中心につく衿の型紙を前身頃につけた状態で書いてあります。
この部分は別パーツとなるので、カットして切り離して使ってください。
※カットせずに型紙を使うと「わ」で裁断したときに前身頃についている衿部分がかぶってしまい裁断できなくなってしまいます。

★裏地のパターンは表地のパターンを利用します。

★ご利用は無料でどなたでも使っていただけます。
ただし個人で楽しむ範囲での利用でお願いいたします。
商用目的のご利用はご遠慮ください(^_^)/

作り方

作り方です!
ざっくりな作り方になります。ご了承ください(^_^)/

1、表地、裏地を裁断する。
★衿、脇身頃は2枚裁断する。
★紐を通す部分もつくっておく。
※持っている方は脇身頃と前身頃・後ろ身頃を縫い合わせる部分にロックミシン(もしくはジグザグミシン)をかけておく。
ロックミシンをかけなくても裏地をつければ見えなくなるので大丈夫です。

2、衿を作る。
表衿と裏衿を中表に合わせて縫い、ひっくり返しアイロンで整えたら縁をパイピングしておく。
※前身頃の中心につく衿は表地と裏地を合わせて縫い、通常の衿は表地2枚を縫い合わせる。

3、後ろ中心に下の合印まで切込みを入れる。

4、脇身頃のパーツを前身頃、後ろ身頃に縫い合わせる。
縫ったら縫い代を割るようにアイロンをかける。

5、裏地をつける。
紐を通すパーツ、衿をずれないように待ち針などでとめはさみ、中表の状態で縫う。
★裾の部分を開けておく!

6、最後に袖口、裾をパイピングしたら完成!
あとは紐を通せば陣羽織になります(*^^)v

ざっとこんな感じです♪
割と簡単にできるので是非作ってみてください♪

陣羽織無料型紙

型紙のデータがこちらです♪
気に入っていただけましたら「いいね!」をポチしてもらえると幸いです(^_^)/

パターン1

パターン2

パターン3

パターン4

脇身頃・衿パターン

完成したものを飾るには飾り台があると便利です♪

是非ご活用くださいね♪

ハンドメイドが好きな方にはこちらもおすすめです!

フェルトで出来る兜の作り方!かわいい手作り兜♪
端午の節句に作りたい!兜のかわいい手作りキット9選!

合わせるお洋服はこちらがおすすめ♪

端午の節句に着せたい♪かわいい赤ちゃんの衣装8選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ