育児ネット

育児にまつわる情報サイト こどもちゃれんじ受講中です!

子育て

初耳学で子供の学力は母親の学力で決まると話題。父親の帰宅時間との関係とは?

子供の学力は母親の学力で決まる

11月18日の林先生が驚く初耳学!で放送された「子供の学力」では、母親の学力が子供の学力を左右し、父親の帰宅時間も関係していると話題になりました。
どのような因果関係があるのか、文部科学省の調査報告のデータに基づく林先生の解説を踏まえてご紹介します!

スポンサーリンク

子供の学力は母親の学力で決まる!?

今回話題になったのが文部科学省の調査報告のデータに基づく、子供の学力に関しての記事です。

その中では親の学力が子供の学力を左右する、ということが示されています。

まず、親の最終学歴と学力の関係という研究データでは、中学3年生の数学の正答率を比較した場合

父親が大卒・・・56.5%
父親が高卒・・・44.1%
母親が大卒・・・60.0%
母親が高卒・・・43.3%
という結果が出ており、母親と父親との差がそれぞれ父親12.4%、母親16.7%と差があることがわかっています。

なんとアメリカの研究の学説によると子供の頭のよさは母親からしか遺伝しないそうです。

実は父親からは気分や本能をつかさどり攻撃性などを制御する大脳辺縁系という部分を受け継ぎ、母親からは記憶、思考、音声、近くなど認識機能をつかさどる大脳皮質という部分を受け継ぐことがわかっています。
(正確には、母親から受け継いだ場合のみ機能する、ということです)

父親の帰宅時間が関係している?

父親が深夜帰宅の方が学力が高いというデータも出ています。

父親は深夜帰宅、母親は専業主婦の方が学力は高くなるんだそうです。
これは全国学力、学習状況の調査を受けた小学校6年生と中学3年生の12万人の中から無作為に抽出した子供たちから得たアンケートによるものです。

なんとそれによると、父親の帰宅時間が遅くなれば遅くなるほど、国語も算数も正答率が上がっていることがわかります。

ちなみに母親が働いているケースもとても多いと思いますが、こちらは真逆で、就業していないつまり専業主婦が一番正答率が高く、帰宅時間が遅いほど正答率が下がっていました。

また違う塾のデータでは、名門の中間一貫校に通っている生徒のうち75%が専業主婦というデータも出ています。

スポンサーリンク

ここで大切なポイントとなるのが、帰宅時間が遅い=遊び歩いているお父さん、ではなく、高学歴高収入で忙しく働いている可能性が高く、教育費をひねり出せる、
つまりそのことが学力向上につながっているのでは、という林先生の解説でした。

もちろん学力は自分次第でどうにでもなる

しかし、文部科学省によると学歴や年収が高くない世帯であっても日ごろから本や新聞にしっかり親しみ、規則正しい生活を送っている家庭の子供は好成績の傾向が非常に顕著という報告もあります。

家に何冊ほんがあるかという中学3年生の数学の正答率の比較のデータでも、正答率は顕著に異なり
・0~10冊・・・55%
・501冊以上・・・75.7%
とその差はなんと20.7%にもなっていました。

まとめ

子供の学力が母親に左右される、というのはなんとなく自分を顧みてもわかるような気がしました。
自分自身は自信がありませんが、本や新聞に親しみ、規則正しい生活を送るというのは意識すれば子供にもやらせてあげることができることですよね。

専業主婦&高収入パパが最強ということはわかりましたがもしそれが不可能であっても家庭で協力し合い、カバーできる点はカバーして子供に学力をつけてあげたいです。
勉強は楽しいものですし、しっかり考えることができるというのは無駄にならないと思うので、子供のためにできることを親も考えていきたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-子育て

  おすすめ記事