育児ネット

育児にまつわる情報サイト こどもちゃれんじ受講中です!

育児の悩み・ストレス

専業主婦が抱えるもやもやした気持ちや育児の悩みとは?焦る気持ちの解決法も!

専業主婦が抱えるもやもやした気持ち

妊娠や出産を機に専業主婦になったというママは少なくないのではないでしょうか。
毎日子供と過ごす時間は何物にも代えがたい幸せがありますが、とてつもなく大変な育児の一面もありますよね。
専業主婦でいることに対し、もやもやした気持ちを抱えるママも多いと思います。
7月14日のNHKすくすく子育てではそんな「専業主婦のもやもや」について取り上げられました。

仕事には復帰したらいいの?夫へのイラつく気持ちは、など専業主婦なら誰もが抱えるもやっとした気持ちについてその対策法も含めてご紹介します!

スポンサーリンク

専業主婦は大変!その気持ちわかってほしい

独身の友達や子供がいない友達に「専業主婦をしている」というと「楽そうだね」と言われた経験ってありませんか?

子供がいると専業主婦といえど本当に本当に大変ですよね。
もちろんお子さんがいなくてもしっかりやろうと思うとやることだらけで仕事が多いのが主婦ですが、子供がいるとなると子供のお世話などがあるためやることばかりで自分の時間などほぼありません。

ですがその気持ちを分かち合えるは、まったく同じ環境にある人だけですよね。

誰に一番その大変さを認めてほしいかというと、やはり一番身近な「」という方は多いのではないでしょうか。

夫に気持ちをわかってもらうコツは「夫の言い分を聞き、相互互換的に交渉をする」という方法がおすすめです。
外で働いている夫の大変さも自分は想像しているよ、だから私の大変さも理解してくれると嬉しい、というようにするとお互いにお互いの大変さを理解しやすくなりますよね。

キーっとなっていると難しいときもあるかもしれませんが、相手のことも踏まえたうえで自分のことも考えてもらうというのは大切ですね。

ずっと子供と一緒にいると息が詰まる!でも・・・・

わが子はかわいいですが、ずーっと24時間一緒にいると息が詰まりますよね。
育児が得意、子供が大好き!というママばかりではないと思いますし、そうであったとしても子育ては本当に大変です。

子供とずっと一緒にいる大変さは子供が生まれる前は想像ができなかったことでもあります。
子供はかわいいけれど、ずっといることはつらいと思う気持ち、それは誰もが思う自然なことです。

自然だということに気づくことで、広場などに行ったときに他の人にも優しい気持ちで接することができるようにもなりますよね。

また、勇気をもって少し預けても全然大丈夫です!
ご実家や、遠い場合は有料の一時預かりなども今はたくさんありますよね。
少し離れることで、子供といる時間をまた大切に思えるようになります。

働いていないのに・・・と後ろめたく思う必要はなく、子供とまた楽しく過ごせるようになるための必要経費だと割り切れば大丈夫です。
今は先行投資だと考えることで後ろめたく感じる気持ちも払拭しやすくなるのではないでしょうか。

働かないといけないと焦る気持ちはどうしたらいい?

また、専業主婦でいると「働かなくていいのかな?」と焦る気持ちにある方も多いと思います。

スポンサーリンク

時代をさかのぼる話になりますが、昔は選ぶことさえできず、女性も働くことがあたりまえでみんながそうしていました。
ですが戦後の高度経済成長期に国の政策もあり、女性は専業主婦になるということが多くなりました。

さらに時代が進み、現代になると今度は働くも働かないも選ぶことができる新しい時代がやってきました。
つまり私たちは今時代の変わり目の新しい時代にいるため、悩むということは当然のことで悩む私たちが悪いわけではないんですね。

今はできなくても育児が落ち着いたときに子育てで身についた力を活かせるときがやってきます。
子育てで身につく力には様々なものがあり

・同時に色々なことができる
・トータル企画力
・忍耐力

などです。

子供の育児をしながら家事をするというスキルは要領よく様々なことを進めていく力になりますよね。
さらに子供のこと、夫のこと、家のこと、自分のこととトータルでどうしたらいいか考える力は企画力につながります。

いうことを聞かない子供に付き合いすごす日々は忍耐の塊ですよね。
出産すると相当な忍耐力が鍛えられます。

これらのスキルは様々な職業に活かすことができるため、自分で自分を認めることがスタートにつながります。
決して今は無駄な時間ではないんですね。

まとめ

私も専業主婦だったときは夫に対して後ろめたい気持ちがあったり、育児をがんばりすぎてしまい煮詰まってしまったりと優雅なイメージがあった専業主婦像がガラガラ音を立てて崩れ去ることばかりでした。

仕事をしていないと人付き合いの輪も小さくなり、相談できる相手も少なくなってしまったりすることももやもやを増長しがちですよね。
各自治体の子育て支援課などでも相談先を紹介してくれたりするので、悩んでいる方は是非気軽に問い合わせてみてくださいね。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-育児の悩み・ストレス

  おすすめ記事