育児と仕事の両立と家事は無理!ママの疲れと負担を減らす6つの方法

家事に追われる毎日

育児と仕事の両立に加え、家事の負担までのしかかり、疲れ果て「もう無理!」状態になっていませんか?
働きながら子供のお世話と家事もするのは本当に大変ですよね。
今回は働くママの疲れと負担が確実に減らせる方法を探してみました。
実際に私が取り組んで効果があったものもあるので、是非読んでみてください(*´▽`*)

スポンサーリンク

育児と仕事の両立は本当に大変!さらに女性には家事の負担も

育児と仕事の両立は本当に辛いですよね。
さらに女性には男性に比べ圧倒的に家事の負担が大きい場合が多いと思います。

今回は少しでのその負担を減らすことが出来る、5つの方法をご紹介します!

すべて完璧にやろうとしない

まず大前提として、仕事と子育て、さらに家事を完璧にこなすことなんて絶対に無理です!

あなたがハリーポッターに出てくる時間を巻き戻すことが出来る砂時計を持っているか、ドラえもんのタイムマシンもしくはバックトゥザフューチャーのデロリアンがご自宅にない限り、1日24時間の限られた時間の中で1人で3つをこなすことなんて不可能です。

独身の頃やまだ子供がおらず夫婦2人だったころは仕事をバリバリこなしても、休みの日に1人ダラーっとする時間+家事をこなす時間もあったかもしれません。
ですが今は多くの時間が割かれる「子育て」という最大の仕事がプラスされています。

持っている時間は1日24時間と変わりがないのに、一気に負担は増えたわけです。
さらに子供がいるとこれまでにはなかった、保育園の送り迎えや寝かしつけ、着替えの手伝い、遊び相手など様々なやるべきことも容赦なく増えています。

家族に積極的に頼る

家のある風景

夫でもできることは夫に丸投げする

まずは夫でもできることは夫にやってもらいましょう!
家事が全くできない夫の場合は教育するところから始めてください。

子供のことは、ママじゃないと嫌!という子も多いと思いますが家事は正直誰でもできますよね。
出来ないなんていうのは言い訳にすぎません。

奥さんが両立できていることが旦那さんにできないわけありません。

料理はできなかったとしても、お皿洗いや洗濯物をたたむ、掃除機をかける、といったことはできるはずなのでどんどんやってもらいましょう。

ちなみに我が家はお皿洗い(といっても食洗器にセットしてボタンを押すだけ)と、洗濯機を回す、ゴミ集め&ゴミ出し、休みの日の掃除機かけは100%夫の仕事です。
それでも結婚した当時は本当になにもできない人でしたが、2年くらいかけて少しずつ教育して出来るようになりました。
今では簡単な料理もできるようになったので、今全く何もしてくれない&出来ない旦那さんでも絶対に出来るようになる日が来ます!

他にも保育園の送り迎えや子供とお風呂、ねかしつけなどもできるパパであればお願いしたいですね。
育児と家事は絶対に2人で協力して行うべきですよね(`・ω・´)

実家の家族を最大限に頼る

また、ご実家が近いようであれば是非フル活用してください。
私も週に2日くらい夕食と次の日のお弁当のおかずを実家にお願いするときがあります。

他にも気心知れた仲であれば家の掃除をお願いしたり、保育園の送り迎えをお願いするのもいいと思います。
私自身、保育園に迎えに来ていたのはひいおじいちゃんでした(*´ω`)
今でもとってもいい思い出です。

さらに土日に子供を連れだしてもらうと、1人でゆっくりできる時間が取れると思います。
じいじやばあばもかわいい孫と遊べて喜ぶので一石二鳥です笑

時短家電を取り入れる

電球

日ごろの家事を楽にするには「時短家電」を導入するのがおすすめです!

朝スイッチを入れて夜にはピカピカ!ロボット掃除機

ルンバで有名なロボット掃除機は、掃除機をかける手間が省くことが出来ます。
特に小さい子供がいると埃やダニのアレルギーが気になるので毎日掃除機をかけたいですよね。
でも自分で毎日かけるのは大変なので、家電におまかせしてしまいましょう。

出かけている間や寝ているに綺麗にしておいてくれるので、気持ちよく部屋を使うことが出来ます。
お部屋の汚れやごみが目立つとなんとなく、気分もあがりませんし掃除しなきゃ!というプレッシャーが負担になりますよね。

そういったストレスからも解放されるのでおすすめです。
吸引タイプもいいですが、フローリングメインのお家であれば水拭きしてくれる家電も便利です。
子供の食べこぼしとかって、吸うだけじゃきれいにならないことも多いですもんね。

干す手間なし!乾燥機付き全自動洗濯機

洗濯物は乾燥機付きの洗濯機におまかせしてしまいましょう。
そうすれば干す手間もなくなるので、朝の時間がぐっと増えます。

帰ってきてから夜たたむか、我が家の場合は最悪そのままそこから使って残った分だけ畳んでいます笑
ベランダに出る時間も減らすことが出来ますよ(*´ω`)

ちなみに子供が小さいうちは中に入って閉じ込められてしまう事故を防ぐためにも縦型がおすすめです。

手荒れ解消&節約にもなる!食洗器

食器洗いは食洗器で済ませてしまいましょう!

実は手で洗うよりも節水になることもわかっています。
つまり水道代の節約になるということですね。

最近のは優秀なので、ちゃんとしっかりきれいに汚れも落ちますし、乾燥までしてくれるので拭く手間もありません。

料理は好きだけどその後の洗い物が嫌!というママも多いのではないでしょうか?
安くはない買い物ですが、「どっちがやるのか!?」という夫婦げんかも減るのでおすすめです笑

お金で解決する

お金

疲れと負担を減らすには「お金で解決する」というのも有効な手段です。
もったいない」と思ってなかなか手が出せないママも多いと思いますが、お金で解決できる問題ならお金で解決してしまいましょう。
お金はまた稼ぐことが出来ますが、かわいい子供と過ごせる時間はかえってきません。

家事代行サービスを利用する

家事の負担を減らすには家事代行サービスをお願いしてみるのもいいと思います。
一般的には
・洗濯
・リビングからキッチン、お風呂、洗面所、トイレまで幅広い掃除
・お皿洗い
・片付け
・料理(何日分かまとめて作ってくれる場合も)
・ペットのお世話
・庭仕事
・子供の送り迎え
などのサービスを受けることが出来ます。

不在の間にお願いすることが出来るものもあれば、不安であれば自分がいるときに来てもらうことももちろんできます。
その間子供と遊んだり、話を聞いてあげたり、ちょっとのんびりするのもいいですよね。

参考までに料金は大手のベアーズで、
・単発だと3時間12000円~
・定期申し込みだと初回3時間9000円~
くらいが目安のようです。
ベアーズ

シッターさんをお願いする

育児の負担を減らすなら、シッターさんに来てもらうのもいいと思います。
子供の面倒を見てくれて、簡単な家事をお願いできる場合もあります。

シッターさんは資格と経験も豊富な人にお願いできると安心ですね(*´ω`)

・自宅でのお世話、外出先での預かり
・シャワー
・お散歩・送迎
・食事の補助
・室内や屋外での遊び
・宿題の見守り
・絵本読み聞かせや工作
など、幅広くお世話をしてくれます。

こちらもベアーズの例ですが、単発の場合3時間12000円~が目安となります。

家事代行のシッターさんも、ちゃんとしたところだと事前に自宅に来てくれ事前打ち合わせを行ってから当日来てくれることがほとんどです。
あらかじめ内容や、どんな人にお願いしたいかなど納得のいく打ち合わせが出来るのでそういったところを選ぶと安心して利用できますね。
仕事から帰ってきてどうしても疲れて子供のことをしたくない時や、誰かに助けてほしい時、
お休みの日に少しは自分の時間が欲しい時などに便利だと思います。

料理の手間を減らす

食材やお弁当の宅配サービスを利用する

働いているとなかなかスーパーに買い出しに行く時間もありませんよね。
基本的に週末にまとめて買っておくと便利ですが、宅配サービスを使うと自宅まで届けてもらえるので重い荷物の時でも安心です。
いくつか便利なサービスをご紹介します。

らでぃっしゅぼーや
25年以上続く定期宅配サービスの老舗で有機・低農薬野菜&無添加食品の宅配を行っている。
年会費初年度無料、野菜だけでなく惣菜もある。
送料がずっと無料になるセットも。

Oisix TOP
有機野菜や無添加食品など、3000品以上がそろう。入会金・年会費も無料。
その日の献立が決まる食材と作り方が入った「キット」がおすすめ!

パルシステム
安全・安心な食材を中心に、毎週一回、自宅まで届けてくれる生協の宅配事業。
赤ちゃんのための商品も豊富。

ローソンフレッシュ
ローソンのネットスーパーで、利用料金年会費などは無料。
種類豊富な医薬品(第2種、第3種)も生鮮食品と一緒にお買いものすることが出来る。最短翌日配送も可能。

楽天マート(ネットスーパー)
楽天が行っているネットスーパー。無料の楽天会員登録のみで利用可能。
楽天ポイントをためている人におすすめ。全額ポイント支払いも可能。食品以外の化粧品や生活雑貨などもそろう。

ちなみに我が家は楽天ポイントは使える「楽天マート」とその日のメインと副菜がすぐに作れるキットが届く「オイシックス」を活用しています。
楽天マートはヤマトさん、オイシックスは専門のドライバーさんが届けてくれるので安心です。
我が家の場合いつも決まったドライバーさんが来るので、子供が大好きになって仲良くしてもらっています笑

週末に一週間分まとめて調理する

以前NHKあさイチのスーパー主婦特集でやっていて、私も実践している方法ですが「1週間分の食材を週末にまとめて作り置きする」という方法です。
これはかなり平日の時短になるのでお勧めです!

1週間も作り置きして大丈夫なの・・・?と思われるかもしれませんが、日持ちしないものは「冷凍保存」しておくんです!

例えば・・
・ご飯はまとめて炊いてラップや冷凍保存用のタッパーに入れて冷凍する。炊き込みご飯もおすすめ!
・野菜は下茹でし、ジップ付きの袋に入れて冷凍する。※小松菜などは下茹でなしで使いやすい大きさに切って冷凍すればOKです。
・お肉や魚は下味をつけて冷凍する。
・ハンバーグやつくね、つみれなどたくさん作って小分け冷凍する。
・カレーやシチューなどワンプレートで決まるメニューをたくさん作って冷凍する。
などなど・・・
他にも野菜はすぐに使えるように使いやすい大きさにあらかじめ切っておくと便利です。

またフリーズドライの食材や缶詰を常備しておくと調理がぐっと楽になります。
・フリーズドライのお味噌汁の具に味噌とお湯を注ぐだけで味噌汁が完成
・サバの味噌煮とキャベツを電子レンジでチンして立派なおかずに
・フリーズドライの野菜+無添加チキンコンソメでコンソメスープが完成

今はフリーズドライもかなり技術が進み、色々な食材がそろっているので集めるのも楽しくなります(*´ω`)
缶詰もお皿に移し替えるだけでも立派な一品になるので、時間がない時にはありがたいですよね。

冷凍保存のおかずと、+アルファでこういった缶詰などを活用すれば平日はレンジでチン!&少し焼いたり炒めたりするだけでびっくりするくらい早く料理が完成します。
調理器具が減る分、洗いものも減るのでおすすめです。

体をケアし、疲れを取る

アロマでリフレッシュ

働くママの体はかなり疲れています。
肉体的な疲労がたまると精神的にもよくないですよね。

時間が少しでも取れたら自分の体もケアしてあげてください。

簡単なものなら
・お風呂に1人でゆっくりと浸かる。好きな入浴剤を入れる。
・お風呂上りにマッサージやストレッチ、ヨガなどをしてリフレッシュする
・アロマを炊く

まとまった時間がとれたら
・整体やマッサージに行く
・美容院やネイルサロン、エステに行って気分が上がるメンテナンスをする
というのもおすすめです。

今は自宅で出来る美容家電も充実しているので、家電で自宅セルフケアをするのもいいですね。

体が癒されると気分もリフレッシュできますし、体も軽くなるので毎日少しずつでも手を入れてあげたいですね。

ちなみに私はリファのコロコロをフル活用しています。
脚のむくみや肩こり、ヘッドスパ代わりにも使えるのですごく気持ちがいいです。

趣味に没頭する・好きなものをする&買う

ストレスを発散するには疲れをしっかりとることも大切ですが、好きなことをする時間を作るのも効果があります。

・趣味に没頭する時間を作る
・欲しかったものを買っちゃう
・旅行の予約をする

などなど・・・

今すぐにはまとまった時間が作れなくても、今はネットで旅行の予約もできるので先に楽しみの予定を作っておくのもいいですよね。
また、子供が寝てからたまには家事は夫に丸投げ(もしくは放置!)して好きなことをしまくる時間を作るのもかなり気分転換になると思います。
手っ取り早い方法なら、通販で好きなものや欲しかったものを思い切って買ってしまっても!
通勤時間や昼休みにも今はスマホでなんでも買えてしまうので便利ですよね(^◇^)

子供の服や、自分の服、趣味のものやちょっと贅沢なスイーツなど・・
がんばって毎日終わりのない育児と仕事、家事をこなしているんです。
ちょっとぐらいの贅沢なら許されます!むしろ私が許します!笑
※くれぐれも、「ストレス発散のためだから~」と言って買いすぎないようにしてくださいね(*´ω`)

少しでも負担を減らして余裕ある豊かな人生に

仕事と育児の両立は本当に大変です。
ですがワーキングママの人全てがそれぞれ働く理由があって、両方をこなしていると思います。

私も自営業ですが、共働きなので常に仕事の時間と子供との時間、家事をこなす時間との戦いです。
もちろん自分の時間だって少しは欲しい、ママになったからといって自分の人生を諦め、好きなことをする時間をなくすことなんて本当は嫌です。
以前テレビで見たことがありますが、母親という「仕事」は世界で一番大変な仕事なんだそうです。

責任感ある社会的な仕事の上に、さらに母親業もこなし、妻でもある私たちにとって24時間はあまりにも少なすぎます。

ですが少しでもその負担を減らすことが出来るのであれば、多少お金がかかってもそれは家族と自分の幸せのための投資になる出費です。

実際私は仕事に復帰して全てをこなすことがかなりの負担になってから、時短家電を取り入れたり、食材の宅配などを利用するようになりましたが精神的にかなり楽になりました。
仕事は1度やめてしまうとブランクができてしまうので、できれば続けたい。
私の場合仕事は生きがいでもあるので、辞めてしまうと余計ストレスがかかります。

なので、多少出費がかさんでも「子供が小さい間の限定的なこと」ととらえて今は差し引き少しでも収入がプラスになって、精神的にも肉体的にも少しでも長く仕事が続けられる環境を作ることが出来ればそれでいいや、と思うようにしています。

子供にとっても、母親を必要としている時に私があまりにも余裕がないとかわいそうなので時短家電や家族の助けで生まれた時間はなるべく子供にあてるように心がけています。
私自身親が共働きで小さいころはとてもさみしい思いをしていたので、出来る限り側にいてあげたいと思うからです。

少なくとも育児はこれから先もしばらくは続きますよね。
小学校に通うようになると少しは楽になりますが、それでも大きくなるまではずっと続いていくことに変わりはありません。
なのであまり頑張りすぎず、時には息抜きをしっかりして、細く長く続けていけるようにするのが大切かもしれません。

自分の体を大切に

また、健康はお金で買うことが出来ません。
体を壊してしまったら、元も子もないなので疲れをため込まないようにこまめにメンテナンスをすることはとても大切です。

私は仕事と育児、家事のストレスで産後境界型糖尿病になりました。
(現在は血糖値が改善し、完全に正常にまで治りました)
健康であるということは何物にも代えがたい、本当に大切なことです。
なので絶対に無理はしないでくださいね。
若いから大丈夫!と思っていても、あとから絶対に負担は自分に返ってきます。

心に余裕をもって、健康であり、幸せで豊かな子育てをしていく、そんな毎日を過ごせるようにいていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ