こどもちゃれんじぽけっとEnglish3月号口コミレビュー!街ブック&ビーピーちゃんの車が楽しい!

こどもちゃれんじEnglish3月号

特別号から受講しているベネッセの幼児英語教材「こどもちゃれんじぽけっとEnglish」の3月号が届いたのでレビューしたいと思います!
毎月届くこどもちゃれんじとは違い、隔月で届くセットです。

今回は息子がずっと楽しみにしていたEnglishのキャラクター「ビーピーちゃん」の車のおもちゃと広げると街シートになる大判絵本が付いたセットになっていました。

早速一緒に遊んでみたので、子供の反応や遊んでみた感想をまとめてみます(´▽`)

スポンサーリンク

こどもちゃれんじぽけっとEnglish3月号

一応この3月号が開講号となっていて、こどもちゃれんじEnglishのスタートとなるセットのようです。
1つ前に届いた特別号はプレ的な位置づけでしょうか?

こどもちゃれんじEnglish3月号

こどもちゃれんじEnglish3月号

届いた教材がこちらです。
今回はボリュームのあるおもちゃが3個も入っていたのでかなり大きな袋でした。

中身はこちらです。
こどもちゃれんじEnglish3月号

  • 「Beepy the Car」ビーピーちゃんの車のおもちゃ
  • 「Speedy the Train」新幹線のキャラクタースピーディーのおもちゃ
  • DVD  約20分のコンテンツが2本入っています。
  • ひろがるまちブック
  • 「Parents’ Support」保護者向けの冊子

です。
写真にはしまじろうのぬいぐるみが写っていますがこれは先月号についてきたおもちゃです。
今月号から始める方にはついてくるようですね。

息子は特別号に載っていたビーピーちゃんの車がずっとほしくて、届くまでかなり毎日楽しみにしていました。
他の荷物が届いても「ビーピーちゃん?」と毎回聞くほどで、いちいち段ボールを開けて中身を一緒に確認しないと納得しないというくらい楽しみにしていたので、渡したときの喜びはひとしおだったようです笑

渡すときも「これなーんだ?」と袋ごともったいぶって持って行ったのですが
「え??もしかしてビーピーちゃん?本当にビーピーちゃんなの????」
という感じで嬉しすぎて現実だと思いたくない!というような喜びようで楽しませてくれました笑

息子の反応はさておき、今回のセットは乗り物のおもちゃとそれを使って遊べる街シートになる絵本なのでどちらかというと男の子のほうが喜びそうなセットなのかなぁと思いました。
もう1つのおもちゃも新幹線のキャラクターですしね。

では1つずつご紹介したいと思います。

Beepy the Car&Speedy the Train

こどもちゃれんじEnglish3月号のビーピーとスピーディー

まずは今回の目玉!ビーピーちゃんの車と新幹線のスピーディー君です。

この2人は上にEnglishのしまじろうのぬいぐるみが乗れるようになっています。
こどもちゃれんじEnglish3月号のビーピーとスピーディー

こどもちゃれんじEnglish3月号のビーピーとスピーディー

こどもちゃれんじEnglish3月号のビーピーとスピーディー

また、しまじろうを乗せるとセンサーが反応し、それぞれの声で歌を歌ってくれたり、お話してくれるという機能もついています。
もちろん歌や会話は全て英語なので、自然に英語の歌や会話が耳に入ってくるうまい仕掛けになっているなぁと思いました。

こどもちゃれんじEnglish3月号のビーピーとスピーディー
乗せたときは歌を歌いますが、ビーピーちゃんの顔にしまじろうの顔を近づけると2人が会話してくれるんです(´▽`)
これがまたかわいい。

会話の内容ももう1つのおもちゃ、「ひろがる街ブック」を使って遊べる内容になっているので、一緒に遊びながら2人の会話に合わせてビーピーちゃんを洗ってあげたり、一緒に会話に参加したりして遊んでみました。

ビーピーとスピーディーが話す内容や歌の歌詞は別紙にちゃんとすべて記載されているので、親も確認しながら一緒に歌を歌ったり、会話の内容を確認して子供と遊ぶことができるのでよかったです。

まだ開封して3日目ですが、かなりの時間これで遊んでいるからか耳から入ってきた歌のフレーズを真似して一緒に歌い出しているのですでに効果はあったかな、と。

ちなみに1つ前の特別号に出てきたフルーツの歌や「hello hello」というフレーズの歌はもう暗記してしまって毎日元気に歌っています。

子供の吸収力って本当にすごいなぁと驚かされるばかりです。

特別号に比べて今回の3月号の歌やフレーズはまた少し難しくなっていると感じるので、インプットして子供が自分からアウトプットするのには時間がかかるかもしれませんが男の子で乗り物は大好きなので今回のおもちゃはかなり遊んでくれそうで嬉しいです。

ちなみにしまじろうを乗せると1つ空いてしまいますが、そこにはシルバニアファミリーを乗せたり、お気に入りの猫のぬいぐるみを乗せたりして遊んでいました(´▽`)

1つ注意しないといけないのは、中にセンサーが入っているのでお風呂には持っていけないことですね。
見た目ボタンなどはないおもちゃなので、うっかりパパがお風呂にもっていかないように注意しないとと思っています。

ひろがる街ブック

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック

もう1つのおもちゃがこの「ひろがる街ブック」です。

広げると、こどもちゃれんじぷち2月号についてきた街シートのように街が広がる楽しい仕掛け絵本になっていました。

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック
動物園があったり・・
(しまじろうが「ぞうさんはどこ?」など動物探しの質問を英語でしてくれる内容もあります)

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック
1つ前の特別号の果物パーツと連動したフルーツショップがあったり。
スーパーもありました。

街シートと違うところは、街の中にも仕掛けがたくさんある点で、ちゃんと絵本になっていてめくる部分がたくさんついている点です。

めくるところに関連した英単語が描いてあったリするのですが、正直まだ文字は読めないのであんまり意味はないかな・・
もっと成長しても遊ぶようだったら英単語も読んで一緒に理解して楽しめるのかなぁと思います。
今は親が読んであげて・・という感じですね。

また「仕掛けがめくれる」というのはデメリットでもあるなぁと遊んでいて感じました。
なぜかというと分厚い作りではなくてただの厚紙程度の厚みなので、2歳児の力加減ではすぐにビリビリになってしまいそうな予感がするからです・・・(;´∀`)

出来れば長く大事に使ってほしいので、もう少し仕掛けの部分だけでも丈夫な感じに出来ていたらいいのになぁと思いました。

今のところはまだ無事ですが、開いた仕掛けの上をビーピーやスピーディーが走り回るのですでにへたっている部分もあります。
いつまで破れずに持つかは時間の問題ですね(;´∀`)

仕掛けたっぷりの街ブックですが、裏面は今回の号に出てくる歌や、前回の特別号で出てきたフルーツを使って遊べるページになっています。

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック

1つはビーピーちゃんとしまじろうの会話の中で出てくるピーピーちゃんを洗ってね、というページ。
ビーピーちゃんの要望に合わせて車庫できれいに洗ってあげることができます。
(しかしこのシャワーの部分もすぐに破れそうでちょっと怖い)

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック

もう1つはしまじろうの胸の音符ボタンを押して、歌を色々と歌わせて遊べるページ。
スタンドマイクの仕掛けになっていて、ここにしまちゃんを座らせてオンステージにすることができます笑

こどもちゃれんじEnglish3月号の街ブック
他にもDVDにも出てくる歌と同じ体の動きが出来る仕掛けのページなどになっていました。
歌詞もちゃんと絵本に載っているのがいいですよね。

親は一緒に歌詞を見ながら歌ってあげることができるので。
やっぱり親も一緒に歌って遊んでいるときのほうが子供のノリもいいようでした。

またこの街ブックは本なので、遊んだあとはたたんで大判の本の形にしてお片付けをすることができます。
子供でも簡単に広げて自分で遊べるつくりなのですが、しまう時はコンパクトに出来る点がいいなぁと思いました。

DVD

こどもちゃれんじEnglish3月号のDVD

こどもちゃれんじEnglish3月号のDVD

こどもちゃれんじEnglish3月号のDVD
今回のDVDは2本立てでした。

おもちゃと連動した内容になっていて、車のビーピーちゃんとスピーディーのアニメなども入っています。

また英語の童謡もたくさん入っていて、なじみのある歌が多かったのがいい点でした。
ABC・・の歌も入っています。

ABCの歌はこれまでこどもちゃれんじのDVDに入っていたものや他のDVDなどで何度か見ているので子供も好きで口ずさんでいましたが、先に日本語で覚えている「糸巻き巻き」の歌などは英語の歌を聞いても日本語で歌っていました(;´∀`)

私は糸巻き巻きの歌は英語の歌詞の方が好きなので、お風呂に一緒に入っているときなどに英語で歌うようにしていますがそのうち英語でも歌ってくれたらいいなぁと思ったり。

あとはやっぱりDVDの内容のCDもほしい!
DVDだとみてばかりだとTVの影響などが心配ですがCDならいつでもかけ流しにできますもんね。
内容がとてもいいだけに、CDも欲しいな~といつも思ってしまいます。

まとめ

こどもちゃれんじEnglishを初めてまだ1か月たたないくらいですが、今のところ息子が出来るようになったことは・・

  • 特別号(フルーツ食べさせ遊びの教材)の歌はフルで英語で歌えるようになった。
  • yummy や no など簡単な言葉はこちらから言わなくても勝手に日常で会話に出てくるようになった。
  • 日常会話を英語で話しかけているとき、だいぶ理解できる言葉が増えた(気がする)
  • 果物の名前は英語で出てくるようになった。

くらいでしょうか。

ちなみに我が家は親の英会話レベルはかなり低いのですが、夫の仕事の関係で必要になりそうなので勉強のためになるべく日常会話を英語で出来る範囲で話しかけるようにしています。

とはいっても、本当に親のレベルが低いので親が覚えているフレーズだけなんですけどね笑

やっぱり歌は覚えやすいからかすぐに覚えて歌っていますが意味はわかっていないだろうし、そこから会話に発展するかというと正直底まで期待はしていないのですが、本人が楽しそうなのでまぁいいかなと。

息子はとにかくしまじろうが大好きなので、こちらから持ち掛けなくてもめちゃくちゃこの英語の教材で遊ぶのでかなりもとは取れている気はします笑
あとは親が一緒に遊んでいても楽しい内容になっているので、親子で無理なく学べるのはいい点だと感じています。

夏にはベネッセの英語のコンサートもあるようで、チラシが入っていて息子が行きたい!というのでそれも行こうと検討中です。
育児をしながら何かを学びなおすってなかなか時間もとれなくて難しいと思いますが、思わぬ形でもう1度勉強ができて母も楽しんでいます(´▽`)

ディズニー英語システムやワールドワイドキッズも検討しましたが我が家はこれでよかったなと。
※DWEは中古で少し持っていて、WWKは資料請求をしました。
そちらについてもまた追々触れてみたいと思います。

次はお家遊びが出来るセットが来るようなので今から楽しみです!

今回ついてきたスピーディー君は期間限定の特典のおもちゃなので、気になる方は早めにチェックしてみてください(´▽`)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

我が家が参考にしている英語教育の本。
年齢別の取り組み方や実際に使われた教材などが詳しく紹介されていて、これから子供に英語教育を始めたいという親御さんにおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ